×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

HOME»  ブログ記事一覧»  パンの作り方»  パンの作り方|計量編|時間を決める|アルテの食パン

パンの作り方|計量編|時間を決める|アルテの食パン

パンの作り方|計量編|時間を決める|アルテの食パン

 私は実は前職が数学教員です。専攻は生化学です。意味わからない経歴ですが、その経験はとっても生きています。その中でも、タスク(の時間)管理はとても重要です。
 人間って嫌いなものに取り組むときに、だらーだーらーってしがちですね。おうちの掃除、興味がないことのお勉強、強制的ななにか。だるーって思いますよね。
 私は、ひどくめんどくさがりです。楽して生きるためにはどうするかと考えて30年弱生きてきたといっても過言ではありません。将来楽するために、楽しむために今まで、頑張ってきた部分も多くあります。
 とはいっても、楽するためにさぁがんばろう!ってなりません。当たり前ですよね。楽したいんですもの。布団ゲーム漫画本読んで、遊びにだって生きたい。遊ぶのすらめんどくさいときあるのに。その状況でやるには、5分がんばろう!!!ってやるんです。頑張っている自分かっこいいじゃんって励ましながら。
 さて、パン屋さんの計量に戻ります。計量に戻るのは、大嫌いだからです。パンを焼くのは結構好きなので、楽しいです。でも、計量はどうしても嫌いです。これを乗り越えるためには、時短をすることが1番でした。
 
嫌いな時間は人生の中で短く。
 
大体1日6種類くらいの計量を粉ものと液ものとそれぞれ行うので、12箱くらいになるんですね。それを何分でやるか。
 
30分で終わらせよう。
 
終わったら、少しだけツムツムしよう。自分の中でご褒美を決め、頑張ります。すると、だらーっと1時間くらいかけてやっていた(やりたくなーとかいいながらうだうだしていた)が30分くらいに縮み、ツムツムをしてもおつりがくるようになりました。
1つの工程を分単位で時間管理しておくと、例えば、3時に打ち合わせがある。いまは14時20分、計量だけ終わらせて、あとは巻き込みに使うこまいのを計ってしまおう!とか無駄なく時間管理ができるようになります。
 
私なんかは、パン屋さんにいる時間(勤務時間)をなるたけ、1秒でも少なくしたいタイプです。それは一緒に働くみんなにも強いています。そのために、工程も考え抜き、なるべく残業はないよういつも目を光らせて無駄を排除しています。
 
それ何分かかった?
 
考えるだけでも、自分の時間を作れるようになりますよ。ご褒美も忘れずに。頑張ったら頑張った分だけほめましょう。大人も子どもも他人も自分も。


中種に進む
一覧に戻る 

2018-12-23 16:21:41

パンの作り方   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

ALTÄ’S SHOKUPAN

営業時間
11:00~19:00(売切次第閉店)

定休日
火曜・水曜(祝日営業) 

カレンダーはこちら