×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

CALENDAR

営業時間
10:30~19:00(売切次第閉店)
定休日
月曜・火曜(祝日営業)





HOME»  ブログ記事一覧»  添加物»  リン酸塩について | アルテの食パン | 安心安全 無添加食パン 食パン専門店

リン酸塩について | アルテの食パン | 安心安全 無添加食パン 食パン専門店

リン酸塩について | アルテの食パン | 安心安全 無添加食パン 食パン専門店

先日、立ち寄ったコンビニで雑誌の見出しにパンの記事があリました。
ようするに「パンは危ない」という記事なのですが、元開発者として、
少しお話できればと思います。

まず、当店では、リン酸塩などを含む「イーストフード」は一切使用していません。
合わせて乳化剤など添加物表示が必要となる、お客様の気になる物質は
使用していません。

これは、以前開発職だった時に、お客様(顧客のパン屋など)が
イーストフードと同じような力を持つイーストフードではないものが
ほしいという希望が多くあったことから、拒絶反応を感じていたため、
自分のお店アルテの食パンでは絶対に使わないと決めていました。

ただ、お客様には、確かな知識をもっていただき、うち以外のパンも
安心して楽しんでほしいと思っています。

イーストフードはこちらでも取り上げていますが、
パン屋にとってとっても心強い味方であることは間違いありません。
そのため、大きな工場で生産しているパン屋さんにとっては、
簡単に切り離すことが出来ないものです。

パンを焼く上での安定性は、皆さまへ供給するのに、価格を抑えるために
非常に重要です。
逆に言うと、「安くないと買わない」という消費者志向が今のこの状況を作った
とも言えます。

では、本当にイーストフードの含まれたパンは危険なのか?
100%そうであるとはいい切れません。
実際パンに入っているイーストフードはどのくらいかご存知ですか?

正解は生地中におよそ0.05%です。

もちろん使用内容や添加量、生地の種類にも影響されますが、
一般的な使用方法での場合この程度と言えます。

さらに、その0.05%のうちどのくらいが、今回挙げた「リン酸塩」
なのか?

イーストフード中20%が「リン酸塩」だったとしても、
パン中には0.01%の含量になります。

それがどれだけ、皆さまへ影響をおよぼすのか、
明確な結果が出るまでは長い月日がかかります。
今の段階では、危険性がある可能性がありますよ。
としか言えません。

それならば、もっと気にすべきところはありますよね。。。
食べ過ぎ、飲み過ぎ、運動不足などなど
確実に大きく体に悪影響を及ぼすものはたくさんあります。

あまり神経質になるよりも、自分が好きな美味しいものを
ちゃんとした金額で買い求めることがいいのではないかと
僕は思います。

僕は、体に悪かろうと「アイス」「ジュース」はやめられませんし、
「カロリーの高い揚げ物系」もやめることはありません。

それでいいのではないかなと思いますが、、、
皆さまはいかがでしょうか?

もう一度いいますが、当店アルテの食パンでは使用していませんので
安心して召し上がってくださいね!

2017-10-21 14:46:17

添加物   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント